なるべく楽に出来る時短レシピを考えよう

>

レシピを見ずに作れるのが一番時短

唐揚げも電子レンジにお任せ

実は電子レンジでは揚げ物も出来るので、唐揚げなどのお子さんが好きそうな料理も簡単に出来ます。しかも油が飛び散ることもないので安全です。
唐揚げはそれだけで結構な時間を使うものですし、肉に火が通っているか心配だからつい揚げすぎて肉が硬くなってしまうという方でも、電子レンジなら手順を守れば簡単に出来ます。唐揚げが作れるようになれば献立のメニューも幅が出てご家族も喜ばれるのではないでしょうか。コスパを考えて唐揚げはお惣菜にされている方もいらっしゃるかもしれませんが、電子レンジで出来るのであれば、コスパを考えても自宅で作る方が良いと思います。作り方はいたって単純で、一口大に切った鶏もも肉に下味をつけてジッパーなどの袋に入れて10分ほど置きます。10分経ったらお肉の水気を切って薄力粉をからめ、キッチンペーパーを敷いた耐熱皿に鶏肉を並べ600ワットで4分温め、上下を返してまた3分加熱するだけです。

チャーシューも簡単に

料理は味も大事ですが、食感もかなり重要なポイントです。
特に蒸し料理はいかに柔らかく仕上げるかで印象は大分変わってきます。
お肉を柔らかく仕上げることはフライパンでも十分に可能ですが、実は結構難しいことだと思います。
時短料理のポイントは、手順をくんで素早く料理を作っていくことです。電子レンジなら、準備さえしっかりやれば、あとは規定の時間が終わるまで待つだけ。その間違う料理に取り掛かれるのでその分時短に繋がります。蒸し鶏など、ジューシーさが決め手の料理も簡単に作れるのでとても便利です。
チャーシューを作るのも電子レンジを使えば時短になるので良いのではないでしょうか。豚肉に下味をつけて30分ほど漬けこんでおく必要がありますが、これは前日に準備しておけば翌日はレンジで数分かければ出来上がりというとても簡単なレシピです。


TOPへ戻る