なるべく楽に出来る時短レシピを考えよう

>

電気圧力鍋を使って時短料理を作る

材料を入れてスイッチを押すだけ

電気圧力鍋の使い方はいたって簡単です。
基本的に材料を入れてスイッチを押すだけで結構手の込んだ料理が出来ます。大根の煮物は普通に作っても簡単に出来ますが、普通の鍋だと味がしみこむまで時間が結構かかってしまうので、夕飯のおかずにするのなら早めに仕込まなければなりません。しかしこの電気圧力鍋を使えば5分ほどで味がしみこんだ美味しい大根の煮物を作ることが出来ます。
そして少し見た目にも豪華に作ろうと思った時は、スペアリブを使ってみてはいかがでしょうか。スペアリブはその食べ応えが良いという方も多いと思いますが、お子様やご年配の方には少々食べづらいものです。電気圧力鍋を使えば簡単にホロホロにとろけるようなスペアリブ料理が完成します。見た目が華やかなので、ホームパーティーなどでも活躍しそうですね。

時間はもちろん光熱費も大幅カット

電気圧力鍋で時短料理が作れることは、主婦にとってもう一つ嬉しい追加情報があります。
それは、ガスを使うよりも時間が短縮されるので、光熱費も安くなるということです。時間も短縮されるうえに光熱費もカットできるとあれば、主婦にとっては嬉しいことづくめだと思います。
レパートリーも広がり、手抜きだけど手抜きに見えない料理を食卓に並べることが出来るので、家族みんなが幸せな気分に浸ることが出来ます。料理が苦手な方はこれを使えば簡単に作ることが出来るので、自分がとても料理上手になったような気分になり、そのうち本当に料理上手になれるかもしれません。
料理をする上で大事なことは「モチベーション」です。失敗ばかりでは料理を作る気も失せてしまいます。ずるいといえばずるいですが、こうやって家族に美味しいといってもらえる料理を作れるようになれば、自然とモチベーションもアップしてくるというものです。


TOPへ戻る